RSS | ATOM | SEARCH
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author:スポンサードリンク, category:-,
-, -, pookmark
『時空を統べる者シュレーゲル』を使った無限コンボ!?

お風呂にゆったり使っているnao。
そんな、naoの脳内に無限コンボのお告げが。

最新、V-2のカード『時空を統べる者シュレーゲル』を使った無限コンボの紹介です。

続きを読む >>
author:nao, category:コラム, 21:55
comments(9), trackbacks(0), pookmark
草夾竹桃無限対策を愚考する

公式のメルマガにて、草夾竹桃を使った無限デッキが紹介されました。
これにより、さらに広い範囲でこのデッキが知られることと思います。

無限系デッキは知らないとどうしようもないですからね。

今回は、そのデッキに焦点を当ててみます。

続きを読む >>
author:nao, category:コラム, 16:39
comments(0), trackbacks(0), pookmark
草夾竹桃

さまざまなブログを見ていると、どうも『草夾竹桃』を使った無限コンボデッキが流行っているようですね。それも、ネタレベルではなくガチレベルの強さだそうです。

デッキレシピを探し、2chという掲示板で発見しましたが、これは怖い。
組んだことも、戦ったこともないので想像の中ですが、どうしようもないデッキだと思います。

V-1で出たカードが、どうしようもなさに拍車をかけていますね。

ほぼ無限にキーユニットを回収し続ける『錯乱時計パニックヴォイス』
相手のエネルギーを完全に縛ってしまう『変幻獣バブルスカラベ』
自分のエネルギーを2倍にする『大巨人バックス』

バックスの重さも、コスト踏み倒し系統の投入することで楽々解決しています。
それにより、クレバスも出しやすくなっているのが、憎いですね。
無限を止めても、まだ戦えるデッキとなっています。

つまり、このデッキと戦うには、
無限コンボを止めるプレイング & 通常の勝つためのプレイング
をしなければならないのです。

無限だけを意識していると、他の強力なカード達に押し切られます。

無限コンボも、決して狙いがたいものではありません。
むしろ、過去の『草夾竹桃』を用いたコンボよりも狙いやすくなっています。
それは、さきほど上げた3枚の影響でしょう。


では、どうするか……


続きを読む >>
author:nao, category:コラム, 00:33
comments(0), trackbacks(0), pookmark
運の世界

どんなTCGでも、「運」は大切なものであります。
プレイングの要素の強い、D0もです。

「運」
非常に、不明確で流動的なものです。
今回は、「運」というものについて語っていきます。

オカルトチックな話ですが、ご容赦願います。

続きを読む >>
author:nao, category:コラム, 21:08
comments(0), trackbacks(0), pookmark
少しだけ、V環境のデッキを見てみる

仲間内でのデュエルとネット上での情報を元に、私がV環境で注目している3つのデッキをご紹介です。

当たり前すぎる内容かもしれませんが、復習の意味も兼ねてご覧いただければうれしいです。

続きを読む >>
author:nao, category:コラム, 00:01
comments(0), trackbacks(0), pookmark
『エビアクトレス』制限

この度、新たに制限カードとなりました《エビアクトレス》は現在のところ制限カードの条件となる「実績のあるカード」ではありませんが、このカードを使用したデッキが残りの条件に適応するのではないかという意見がブロッコリーに多数寄せられ、ブロッコリーでも検証を行いましたところ、《エビアクトレス》を使用したデッキは非常に強力であり、且つ対策することが困難であるため、「ディメンション・ゼロの魅力を狭め、大会の環境の固定化を招くと判断し、この度の制限化へ踏み切りました。(公式HPより引用)


『ロストワールド』との組合せで、波乱を呼んだ『エビアクトレス』
エラッタではなく、制限カードとなったようです。

さまざまな、ブログや動画で紹介されていたコンボですが、このブログではエラッタ(テキストミス)になると思い、あえて紹介してきませんでした。

しかしながら、この度はエラッタではなく制限カードと言うことになったようです。
団結では2度目の制限ですが、ここまでの早い時期の制限化は前例のないことです。

少しだけ、テストプレイの質の低下を疑ったのですが、おそらくそれは違うでしょう。
『ロストワールド』とのコンボは、簡単に発見できるコンボです。

おそらく、テストプレイ段階では、“全カードあわせて1ターンに1度しか使えない”というニュアンスの文章だったのだと思います。その後、テキストの簡略化でそう言った意味が抜け落ち、今のテキストとなったのでしょう。

今回のことは、テキスト簡略化による混乱だったと推測します。
エラッタを出しても、新たな混乱を生みますので制限という形にしたのでしょう。

エビ好きとしては(エラッタではなくて)残念な結果ですが、メーカさんのすばやい対応には感謝します。

author:nao, category:コラム, 19:24
comments(0), trackbacks(0), pookmark
覚醒ビートを改造しよう!!
昨日の記事を発展させ、

『青黒覚醒ビート〜運ゲーなんていわせない!!超速のプラン展開デッキ〜』


について改造案をいくつか紹介します。


続きを読む >>
author:nao, category:コラム, 23:02
comments(0), trackbacks(0), pookmark
新弾のカードはいかほどか
 新弾のカードリストが公開されてますね。ベーシックパックということで枚数も多く、見てるだけで楽しいです。

全体を通して見ると、何点か注目すべき点が見えてきた感じです。

しかしこれを読んでいる皆さんとしては 「んなことリスト見りゃ一目瞭然」 という内容になるであろうことを最初に宣言しておきます・・・


続きを読む >>
author:なまくら, category:コラム, 11:16
comments(0), trackbacks(0), pookmark
一休み一休み〜覚醒を探る〜

今日の“覚醒の刻”のオススメカード紹介はお休みです。
明日から、またオススメのカードを紹介する予定です。

今日は、話変わってこれからの環境、主に“覚醒”について少しだけ予想していきます。
ちなみに、リスト公開前の予測です。
見てから予測する環境より、見る前に予測する環境のほうが面白いですよ。
リストが公開されても、見る前に環境予測することをオススメします。


続きを読む >>
author:nao, category:コラム, 19:02
comments(0), trackbacks(0), pookmark
耐性を能動的に使おう!!

耐性は相手によってその強さが大きく変わる能力であります。
相手のデッキ色によって、無双状態になったり、かわいそうな子になったりします。

あまりにも受動的過ぎる能力ですが、これを能動的に使えれば強いですよね!?
これは誰もが思いつくアイディアだと思います。
捻りも何もありませんがメモ程度に、その方法をご紹介です。

続きを読む >>
author:nao, category:コラム, 21:43
comments(3), trackbacks(0), pookmark