RSS | ATOM | SEARCH
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author:スポンサードリンク, category:-,
-, -, pookmark
青黒覚醒ビート〜運ゲーなんていわせない!!超速のプラン展開デッキ〜


さて、久々のデッキ公開となります。
今回は、Vセンチュリーのカードを盛大にに使ったデッキご紹介です。

Vセンチュリーといえば“覚醒”です。
これを試してみないでVセンチュリーは語れません。
紹介するのは、そんな覚醒のカードを大量に積み込んだビートデッキです。

レアを沢山積んでいますので、作るのは大変ですが、今までのデッキとは違う楽しさに溢れています。

新タイプのデッキ紹介ですので、構築理論より紹介しています。
そのため長いのですが、お許しください。

では、「続きを読む」よりデッキの紹介です。


枚数 ユニット名

__【ユニット(29枚)】__
3 七つの海の王子>フリーズで青ユニットのパワーを2倍
3 建材商人カイト・マシュー>覚醒,プランからの展開で一ドロー
3 B-tan博士>エネルギーゾン効果でデッキを上から2枚見てプラン作成
3 アトロシティ・アトラス>覚醒,ユニット2体を入れ替える
3 静寂の魔女レギニータ>プランジャー,プランからの展開で5コスト以下放逐
3 建築家スラッシュ・ライト>覚醒,プランからの展開で2ドロー1ディスカード
3 ディドゥルチャージ>覚醒,プランからの展開で相手ハンデス
3 幽魔タスヴィーリー>中央or敵軍エリアに置かれた時ユニット除去,リリース移動できる
2 レディー・シャワー>覚醒,登場時ユニット1体のパワーを-3000
3 震える時のコールドクロック>移動成功時にデッキの上から2枚見てプランを作成

__【ストラテジー(8枚)】__

3 ダークサイド・ソウル>プランゾーン効果で無0で打てる
3 サイバー・チェイス>デッキを上から3枚見て1枚を手札に2枚を好きに並べプラン作成
2 時空侵食>手札を1枚切ってユニット除去

__【ベース(3枚)】__
3 懺悔の螺旋階段> プランからユニットが置かれた時フリーズでハンデス


_________


さて、如何だったでしょうか?
計14枚の覚醒ユニットが入ったこのデッキです。
それ以外にも、新生プランジャー『静寂の魔女レギニータ』や『ダークサイド・ソウル』と言ったプランで活躍するカードが目白押しです。

逆に言いうならば20枚・半数のカードが手札にくると腐るのです。
「そんなデッキで回るの?」と言いたい気持ちは分かります。
しかし、これが回ってしまうのです。

“覚醒”の弱点である、「手札にくると腐る」といった点を出来るだけ改善したのがこのデッキです。

では、そのためにこのデッキで行われている工夫とは何でしょうか?
それを一つずつ紐解いていきます。


その1.手札が無くとも戦えるようにする
手札が全て腐ろうとも、プランだけで戦えれば問題ありません。
もちろん、これは極論で迎撃ユニット等も必要ですが、それに近づくデッキ構築をしています。

プランだけで戦うために1番重要なのはプランの成功率です。

低コストで出せる、覚醒ユニットが14枚+ダサソ3枚も入っているので通常でも2分の1弱の可能性でプランは成功します。

しかし、これだけではまだ足りません。
よって、2枚ものカードを見てプランを捲れる『B-tan博士』と『震える時のコールドクロック』が投入されています。
さらに、『サイバー・チェイス』も3枚投入され、確実なプラン作成を目指します。

これにより、より高い確率でのプラン成功が約束されています。


その2.手札を大量に確保する。
その1と矛盾しているようですが、実はしていません。
このデッキの半数が手札に来ると腐るのですから、手札の価値は半減です。
つまり、6枚の手札が3枚の価値しかないということが多々発生します。

では、どうすればよいのか?

大量に手札を確保すればよいのです。
10枚の手札があれば5枚の価値になるように、多くの手札を抱えて手札の大半が腐っても、戦えるようにすることは大切です。

名づけて、
多くの手札が腐るなら、もっと多くの手札を引いちゃえ理論。
暴論ですが、侮れません。

そのために、覚醒ユニットも含め、12枚ものドローソースが投入されています。


その3.相手にもプラン勝負を強要させる。
自分だけがプランだけで戦おうとするから、不利なのであって相手にもその状況を作れば勝負は五分です。むしろ、プラン利用が前提のこちらが有利です。

展開しながらそんなことが出来るの? 出来るのです!!

『懺悔の螺旋階段』と『ディドゥルチャージ』がありますから。
特に、何度も効果が使える『懺悔の螺旋階段』は強力です。

3ターン目に張れてしまえば、あっという間に相手の手札は枯渇します。
それほど、プランからの展開が多いデッキなのです。


その4.迎撃カードの選定
これには、かなりの気を使ってあります。
デッキを構築する多くは、低パワーのユニットで構築されていますので迎撃は不向きです。
それらのカードが多くを占めているこのデッキでは、迎撃カードを厳選する必要があるのです。

そこで、厳選の上で選ばれたのは以下のカード達です

『幽魔タスヴィーリー』>3枚
『時空侵食』>2枚
『レディー・シャワー』>2枚
『アトロシティ・アトラス』>3枚


まず、覚醒持ちの『レディー・シャワー』は選ばれました。
しかしながら、重く手札からのプレイには不向きなため、2枚の投入となっています。

『時空侵食』3コストで撃てる除去であり、手札を捨てる効果も全くといって良いほど仇となりません。手札の大半は腐っていますので、捨てるカードは沢山あります。プランジャーを墓地に遅れるので、逆に利点となっています。

『幽魔タスヴィーリー』はフィニッシャー兼迎撃ユニットです。
攻めながら防除できるカードは非常にうれしいですね。

『アトロシティ・アトラス』のどこが迎撃用なんだ? と思われるかもしれませんね。
しかし、このユニットはさまざまな場面で役に立ちます。
具体的に言うと、

相手の迎撃にスタックしてユニットを入れ替えたり、
『幽魔タスヴィーリー』を移動させて効果を誘発したり、
自分ユニットに向かってくる、相手の移動にスタックして、相手ユニットを重ねさせたり、

迎撃も出来る、便利カードです。
さらに、覚醒も持っているのですから言うことなしです。


_____

さて、ここまでは構築理論の説明でした。
どんな考えに基づいて作られているデッキか理解しなければ、
そのデッキの本質は見えません。

例え、そのデッキが不完成でも、です。

長々と解説しましたのである程度の、構築理論は分かって頂けたかと思います。
では、これより、具体的な回し方の説明です。

基本的な動かし方は、他のビート系デッキと変わりありません。
ただ、プランを多用するだけです。

1ターン目:
手札を見て2ターン目に確実にユニットを出せるようにエネルギーチャージをすること。
これは『B-tan博士』をエネに置くより優先事項です。
青エネルギーが置けたら、ダサソ狙いでプラン!!

2ターン目:
このターンに2コストのユニットを出したいです。
『震える時のコールドクロック』がベストです。
しかし、『建材商人カイト・マシュー』や『ディドゥル・チャージ』でも構いません。
とにかく、ユニットを出すことが重要です。
そうでないと覚醒が起動できません。

3ターン目:
ユニットを出せていたならば、とにかく覚醒を狙います。
ここで『サイバー・チェイス』を使っても良いでしょう。
ノーコストで出せる覚醒ユニットもいるので、最後の1エネルギーまで覚醒を狙います。
ただし、相手のデッキが手札の無くなりづらいデッキで、『懺悔の螺旋階段』を引けていたなら。それを張ってハンデス体制を整えます。

4ターン目以降:
『懺悔の螺旋階段』を張るタイミングが難しいのですが、出来るだけ早めに張る意識で構いません。

前線を押し上げるタイミングですが、自軍エリアにユニットが3体並んで、プランに覚醒ユニットが見えて出せるときを目安にしてください。(臨機応変さは必要です。)
すぐに、自軍エリアにユニットが3体並ぶので、せっかくプランに覚醒カードが見えているのに出せないと言う自体は避けてください。

デッキがすぐ減るので、プランジャーは手札に来ても大事にして、墓地送りの機会を狙うのが得策です。プランから展開していると、ドロー効果もあいまってすぐにデッキがなくなります。

__

以上で、デッキの紹介を終了します。
最後まで読んでくださった方、長いのにありがとうございました。

まだまだ、練りが甘いとお叱りを受けそうですが、面白いデッキには変わりありませんので、公開したしだいです。


ここはどうなんだ? ここをこうしたら? など疑問・アドバイス等がありましたらコメントを頂けると幸いです。

author:nao, category:デッキ集, 23:27
comments(5), trackbacks(0), pookmark
スポンサーサイト
author:スポンサードリンク, category:-, 23:27
-, -, pookmark
Comment
長文お疲れ様ですm(__)m
かなり強そうなデッキですね。その分お金がかかりそうなのがネックですが…。青はプラン補助のカードが多いから、覚醒との相性が抜群ですね!
追伸.「時空侵食」が誤って「時空城砦」になっていましたのでご報告しておきます
山, 2010/04/29 11:35 PM
>>山さん
お褒めの言葉ありがとうございます。
中々、良いデッキになったなと思っております。

ですが、まだまだ改良の余地があるデッキでもあると思います。
もう少し強化されればトーナメントも十分戦えるデッキになってくれると期待しているのです。

追伸の返信:
ご指摘ありがとうございます。
携帯からの閲覧も考え、横線は引かず、該当の箇所を直接修正しました。カード名の間違えは混乱の元ですので以後気をつけます。
nao, 2010/04/29 11:41 PM
はじめましてエドです。
自分も青黒を組んでいるんですがアトロシティアトラスを入れるのは考えつきませんでした。今後も参考にさせていただきます、
エド, 2010/04/30 4:42 PM
>>エドさん
はじめまして。
もし、この記事が参考になったのならうれしい限りです。
アトロシティアトラスは非常に便利なカードです。SRで集めるのは大変ですが、3枚あって損はないと思いますので、集めることをオススメします。
nao, 2010/04/30 4:50 PM
500円くらいだったので買ってきますw
エド, 2010/05/01 12:09 AM









Trackback
url: http://progressd0.jugem.jp/trackback/229