RSS | ATOM | SEARCH
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author:スポンサードリンク, category:-,
-, -, pookmark
『エビアクトレス』制限

この度、新たに制限カードとなりました《エビアクトレス》は現在のところ制限カードの条件となる「実績のあるカード」ではありませんが、このカードを使用したデッキが残りの条件に適応するのではないかという意見がブロッコリーに多数寄せられ、ブロッコリーでも検証を行いましたところ、《エビアクトレス》を使用したデッキは非常に強力であり、且つ対策することが困難であるため、「ディメンション・ゼロの魅力を狭め、大会の環境の固定化を招くと判断し、この度の制限化へ踏み切りました。(公式HPより引用)


『ロストワールド』との組合せで、波乱を呼んだ『エビアクトレス』
エラッタではなく、制限カードとなったようです。

さまざまな、ブログや動画で紹介されていたコンボですが、このブログではエラッタ(テキストミス)になると思い、あえて紹介してきませんでした。

しかしながら、この度はエラッタではなく制限カードと言うことになったようです。
団結では2度目の制限ですが、ここまでの早い時期の制限化は前例のないことです。

少しだけ、テストプレイの質の低下を疑ったのですが、おそらくそれは違うでしょう。
『ロストワールド』とのコンボは、簡単に発見できるコンボです。

おそらく、テストプレイ段階では、“全カードあわせて1ターンに1度しか使えない”というニュアンスの文章だったのだと思います。その後、テキストの簡略化でそう言った意味が抜け落ち、今のテキストとなったのでしょう。

今回のことは、テキスト簡略化による混乱だったと推測します。
エラッタを出しても、新たな混乱を生みますので制限という形にしたのでしょう。

エビ好きとしては(エラッタではなくて)残念な結果ですが、メーカさんのすばやい対応には感謝します。

author:nao, category:コラム, 19:24
comments(0), trackbacks(0), pookmark
スポンサーサイト
author:スポンサードリンク, category:-, 19:24
-, -, pookmark
Comment









Trackback
url: http://progressd0.jugem.jp/trackback/244