RSS | ATOM | SEARCH
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author:スポンサードリンク, category:-,
-, -, pookmark
白青スターロード〜初心者向け!!天野種族の凄さ〜

皆さんこんばんは。
昨日はひたすらレポートをやっていたので、ブログを更新する余裕はありませんでした。
久々に使ったワードとか、機能の使い方を忘れていて大変でした。

さて、今回は俗に天野種族と言われているう内の白。
“スターロード”を主軸としたデッキの紹介です。

Vセンチュリーの登場で、全体的に強化された天野種族ですが、“スターロード”も例外ではありません。個人的な感想ですが、一番伸び率が良かった種族は“スターロード”だと思っています。

では、早速ですがデッキ紹介に移りましょう。
※今回は記述が初心者向けです。


枚数 ユニット名
__【ユニット(21枚)】___

3 天魔ベレヌス>[白1]とフリーズでユニットに耐性-エネ効-を与える
3 天魔エーディン>相手ユニットとベース&フリーズでエネルギーにエネ効を与える
3 天魔エポナ>相手ユニットとベースにエネ効を与える/同種族のパワー上げ
3 天魔マナナン・マクリル>登場時にエネ効を持つユニットorエネルギーをデッキボトム
3 天魔クー・フーリン>相手のエネ効持ちユニットが場におかれると、[白1]登場できる
3 天魔ケルヌンノス>登場時にエネ効を持つユニットorベースを2枚デッキボトム
3 蒼流星ストームドライブ>急襲1/スマッシュの変わりに1ドロー

__【ストラテジー(12枚)】__
3 白銀の衝撃>覚醒/X以下のユニットをデッキからサーチして場に出す
3 ボーイ・ミーツ・ガール>ユニットに好きな色の耐性を与える
3 不運の始まり>相手の山札を上から3枚操作/1ドロー
3 再改造手術>補給/2ドロー

__【ベース(7枚)】_____
3 大増産ライン>自分プレイ時、指定種族のコストを[無1]下げる
3 密閉されたサイバー・ワールド>同ラインの自ユニットを取り除き、もう一回出す
1 セーブ・ポイント>同ラインの自ユニットが対象になったら手札に戻せる

※エネ効……エネルギーゾーン効果の略
______________

nao流格言
『(黒以外の)天野種族は、とにかく積み込め!!』

天野種族は、それを主体としたデッキで、明らかに役に立たないカードが分かりやすい種族です。
“スターロード”で言うと『魔導王女アリエーテ』、『天魔モリガン』の2枚です。

前者は明らかに違うデッキ向けのカードと分かります。
後者はまだデッキに入る余地はあるのですが、D0をある程度やっている方ならばカードパワーの不足に気づくはずです。

つまり、それ以外の天野種族はデッキにフル投入してしまって良いのです。
枚数も少なく、種族間のシナジーが元々強烈な天野種族だからこそ出来る芸当です。

「天野種族を積み込んだだけのデッキですが……」
と、言っている方を見かけましたが私はそれで正解だと思います。
大切なのは、天野種族以外のカードを何にするかです。

そう考えると、天野種族でのデッキ構築が簡単そうに見えてきましたね。

実際そうなのです。
40枚のデッキの内天野種族を主体にすれば、そのうち約20枚は天野種族で埋まります。
普段は40枚考えなければならないデッキのはずであるのに、考えるのは天野種族以外の20枚でよいのです。
こういった意味で、天野種族は初心者の方でも比較的簡単に強いデッキを作るためのツールと言ってもよいでしょう。

このデッキもそれに則って作られたデッキです。
まずは、天野種族である“スターロード”を18枚詰め込みました。
強力なシナジーを発揮する18枚です。
一色目は「白」ですね。

そしてそれを生かすカード達をピックしました。
まず、相手にエネルギーゾーン効果を与えるカード『天魔エーディン』と『天魔エポナ』を確実に手札に持ってこれるよう、ドローソースを充実させます。

その為に、少々多い気もしますが、ドローソースを9枚積んでいます。ここで2色目の色が「青」であると決定しました。
これで、27枚。残り13枚です。

種族がほぼ統一されているので『大増産ライン』は積んで良いでしょう。
よって、3枚積んで残り10枚

肝心な時に『天魔エーディン』と『天魔エポナ』がいないと困りますので、サーチカードを用意しましょう。手札に加えるだけじゃ遅いこともありますので、即場に出せるカードが望ましいです。また禁呪も余っていますね。と、言うことで『白銀の衝撃』を3枚
これで、残りの枠は7枚です。

この7枚は、『天魔エーディン』と『天魔エポナ』を守るカードを投入することとします。
もちろん、他のユニットも守れるカードをピックアップします。

ベースでは『密閉されたサイバー・ワールド』と『セーブ・ポイント』が良さそうです。特に『密閉されたサイバー・ワールド』はユニットを守るだけではなく、『天魔ケルヌンノス』の効果を使いまわすのにも適しています。
『セーブ・ポイント』は制限カードですので1枚、『密閉されたサイバー。ワールド』は3枚積んじゃいます。

ストラテジーでは『ボーイ・ミーツ・ガール』をピックアップしました。
ユニットからもストラテジーからも同時に守れるカードのは最高ですね。
最後の詰めにも使えるので汎用性も抜群です。これも3枚積みます。
プランから撃ったときに手札に加わる効果はおまけ程度として考えましょう。

これで合計40枚、デッキが完成しました。
デッキ構築に慣れないうちは3枚積みを多くすると良いです。
あとは、沢山デッキで遊んで、自分で不満な点を治していくだけです。
__

では、ここから回し方の解説です。

☆序盤
ドローソースを利用してしっかり手札を整えましょう。
守れもしないのに『天魔エーディン』や『天魔エポナ』を出してはいけません。
エネルギーゾーン効果を与えるこのデッキの生命線。
デッキに6枚“しか”入っていない貴重なカードです。

『大増産ライン』を張れると中盤以降が楽になります。


☆中盤
『天魔エーディン』と『天魔エポナ』を場に出すことが出来たら、除去スタート……
ではありません。相手の展開がどうしようもない時以外は除去は我慢です。
この2枚をしっかりと守れる体性が整ってから除去をスタートしましょう。
とても強力な除去能力を持っている“スターロード”ですので十分間に合います。

忘れがちですが『天魔ベレヌス』を『白銀の衝撃』で持ってくる事によっても、この2枚を守ることが出来ます。[白2無2]で意外と軽く守れます。


☆終盤
通常、無理に詰めに持っていく必要はありません。
確実に勝てる盤面を作り出し、そこから押していきましょう。
(もちろん、無理に詰めにもっていく必要があることもあります。このターンで詰まないと負けるとかいう場面ですね。)


これにて、デッキ紹介を終了します。
今回は、デッキの作り方的なところからの説明でした。
もし、これを見てくださった初心者の方は、参考にしてみてくださるとうれしいです。
他のデッキ構築でも生かせるはずです。


author:nao, category:デッキ集, 22:46
comments(0), trackbacks(0), pookmark
スポンサーサイト
author:スポンサードリンク, category:-, 22:46
-, -, pookmark
Comment









Trackback
url: http://progressd0.jugem.jp/trackback/247