RSS | ATOM | SEARCH
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author:スポンサードリンク, category:-,
-, -, pookmark
少しだけ、V環境のデッキを見てみる

仲間内でのデュエルとネット上での情報を元に、私がV環境で注目している3つのデッキをご紹介です。

当たり前すぎる内容かもしれませんが、復習の意味も兼ねてご覧いただければうれしいです。

 
・白単

V-1で1番優遇されていた色の単色デッキ。
2コストフェンリルを筆頭に強力カードが目白押しです。
今までの汚名を返上するぜ、とばかりに凶悪なデッキとなっています。

新呼び声など軽量ユニットも増え、速度も抜群。
そして、新フェンリルのスマッシュロックにより、今までの常識を覆します。
序盤から、スマッシュを打って来てもエネルギーが増えないのは非常に辛い。
それゆえに、白単相手に何もさせてもらえないで負ける、なんてことも……

確定除去にも、『ボーイ・ミーツ・ガール』と言う最強のユニット防御カードがあります。

もともと、パワーが高い白のユニットが新フェンリルによって強化されるもの厄介です。
新フェンリル。本当に万能ですね。


・赤単フレアロード
無視できない存在となってきた天野種族第2号。
1号のスカイロードに続きます。

厄介なのはそのパワー。
基本パワーが7000以上と言う化け物です。
それでいて、低コストなのだから、堪りません

確かに、条件はついていますがそんなものはデッキ構築で何とでもなります。
元々、ゆるい条件ですし。

感覚としては、今までの赤単を、「速さ据え置き、パワー大サービス」という感じです。
相手の『焔魔ヤガスリ』が3ターン目に出てきた時の怖さといったら……

何より、白単を食えてしまうのも魅力的です。


・オペラハウスファッティ
上の2つほど強力とはいえませんが、それでもその爆発力は無限大です。
確かに弱点の多いデッキではあります。
それにより、安定して勝てるデッキではありません。

ただし、対策が少ないデッキにとっては悪魔のような存在です。
(対策:具体的にはベース割りなど)

このデッキで勝ち進むことは難しいと思いますが、それでもデッキを組む時にはこのデッキも意識したほうが良さそうです。







author:nao, category:コラム, 00:01
comments(0), trackbacks(0), pookmark
スポンサーサイト
author:スポンサードリンク, category:-, 00:01
-, -, pookmark
Comment









Trackback
url: http://progressd0.jugem.jp/trackback/257