RSS | ATOM | SEARCH
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author:スポンサードリンク, category:-,
-, -, pookmark
覚醒の刻 オススメカード紹介"終5/5"~緑のカード編~

覚醒の刻カード考察も最後となりました。
以後は、通常の更新に戻ります。また気になるカードがあったらここに紹介をしていきます。

ラストを飾る色は
ビッグエネなどで、前環境でも大活躍した色です。

さて、Vセンチュリーではどんなカードが登場したのでしょうか!?
早速、見ていきましょう。


変幻獣バブルバニー
団結ユニット。プランゾーン効果持ちです。
破壊された自ユニットがリリースでエネルギーに置かれます。
リリースで置かれるので、次々とユニットを中央投下することが可能。
これにより、さらなるエネ加速を“アメーバ”は手に入れました。

妖魔の見習い戦士ティモ
緑の『ウンバ・ウンバ』です。
緑のバニラデッキは今まで不遇でしたが、このカードの登場によって何とかなるかもしれません。『妖魔の司祭』が強力ですので、軽量のバニラユニットが居れば案外悪くないデッキが組めるのではないでしょうか?

コウ・ドリアード
呼び声の有用性はご存じの通りです。
その呼び声がパワーを上げて帰ってきました。
呼び声出来る色は緑一色となりましたがそれでも十分に強力です。
スマッシュ上げ効果ももちろん強力です。
詰めの場面では、スマッシュする順番を工夫すればそれを上げられる状況がほとんどでしょう。2コスト1スマッシュ且つパワーが3000or4000のユニットとしてとれます。

妖魔の美容師ヒル
スマッシュを入れる条件が変わった『キュティー・バニー』です。
それに覚醒が付与されています。パワーダウンしていない点も素晴らしい。
緑の濃いデッキなら、いくらでも投入の余地はあります。
序盤はスマッシュで加速し、終盤はエネに緑以外のカードが置かれているので、スマッシュは受けない。こんな理想的な使い方を目指してみても良いですね。

洞魔ヘルロッホ
2コストの洞魔の登場です。
スタートや『洞魔レチュギア』から変形の、選択肢が増えるのは嬉しいことです。
自身の移動も1ですので、移動後に移動コストが重いユニットに変形するのにも適しています。

ヒメコガネ・ドリアード
再録カード。
スモールアイの展開力はやはり強力、即ビックアイに繋げられるもの嬉しいです。

守護兵ヒッポ
『クリスタル・コロニー』とスマッシュを入れるカードと組み合わせたいカードです。
覚醒のノーコスト展開は決して弱くはないので工夫次第で十分実用に耐えます。
似た能力の、『鉄腕シルバーバック』と一緒に使ってみましょう。
ですが、素のパワーが低いので、通常の覚醒デッキには、なかなか入らないでしょう。

ちらつく猫チェシャ
再録カード。
毎ターンスマッシュを入れる意味と、即効性がなかったので敬遠されてきたカードです。しかし、上で紹介した『守護兵ヒッポ』との組み合わせなら良いかもしれません。種族も一致していますしね。

変幻獣バブルスカラベ
エネルギーが貯まるデッキなら、活躍を期待できそうです。
相手の1エネルギーを封じるのは意外と悪くありません。
プランからの展開を阻止できます。

鉄腕シルバーバック
『守護兵ヒッポ』と似た効果を持ったカードです。
素のパワーは高いですが、暴走持ちです。
以前の暴走より、楽にはなっていますがやはりきつさはあります。
ですが、最高16000のパワー(『クリスタル・コロニー』使用時)は圧巻でしょう!!
『七つの海の王子』の能力を王子対象に3回起動されただけで、追いつかれるのは内緒です。

聖光の大隊長ラフィーレ
4コストとパンプユニットとしては平均的なサイズです。
パワーアップに加え、自ユニットのコスト上げとプランゾーン効果が付いています。
プランゾーン効果はおまけ程度ですが、コスト上げの効果は馬鹿に出来ません。
除去が聞きづらくなりますし、なによりクレバスに耐性ができます。その能力で、相手が数を指定した後に、このカードを出して被害を最小限に抑えることができるのです。

新生獣G・ゲルマニオン
ベース覚醒はやはり強力です。
パワーアップと加速どちらも生存能力に重要な能力です。これがプラン依存というのは些か厳しい気もします。もちろん、大量展開を狙うデッキなら入る余地はありますし、強いのですが……

でたらめに歌うフェアリー
再録カード。
6コスト以上のユニットをエネルギーゾーンに送ります。
今はエネから出す手段も豊富ですし、送って一安心とはいきません。
また、相手の展開を助けるケースもあるので、使うタイミングに注意しましょう。

変幻獣バブルライカン
再録カード。
全体的にパワーの低くなる傾向のある、“アメーバ”デッキには欠かせません。
エネルギーゾーンは相手が干渉しにくいゾーンなのもgood!!

妖魔の精霊使いアスタ
新プランジャーです。
以前は、緑だけ少々はぶられてましたが、今回は他プランジャーと似た効果です。
ですが、エネ送りはやはり考えさせられるものがあります。
相手の展開力を上げてしまうのは悩みものですよね。

洞魔ヴィラルース
変形能力付き、同種族パンプユニットです。
除去手段が『洞魔イーズ・ギル』しかなく、出来る限りパワーで押したい“ガイヤロード”には打ってつけのカードです。
変形能力は上の同種族へ行くというよりは、除去回避のためのものと考えたほうがよいでしょう。除去回避付きの、パンプユニットは厄介です。

洞魔ゾリューシュカ
すごく、微妙なカードです。
このカードがリリースしていないといけないのもそうですが、自ユニットを破棄するのがきついです。
正直、このカードを採用するのでしたらもっと良いカードがあるはずです。
がっかりSRでしょう。

ウツロイ・ドリアード
非常にビート向けの能力です。
手札に来たら腐りますが、それでも覚醒での展開は強力です。
実質、ノーコストでだせ、エネが増え、パワー5000のユニットが出てきます。
これだけで、デュエルの流れが変わるかもしれません。

山賊スリカータ
パワーは高いですが、ノーマルタイミング/バニラとなっては使われません。

新生獣C・カーボニオン
6500加速は非常に強力です。
プラン依存ですが、自ターンだけのパワーアップで場を一掃してくれます。
覚醒も付いて隙を少なく展開ができるので、ビートに睨みを利かせる1枚です。

妖魔の勇者
再録カード。
あの勇者が帰ってきました。私は、時々『妖魔の王子』と名前を間違えます。
相手の移動にスタックして、エネルギーをフリーズしてやりましょう!!

新生獣T・タンタリオン
パワーは高いですが、ノーマルタイミング/バニラとなっては使われません。
スマッシュ2でもそれは変わらないのです。

ホウキ・ドリアード
強力な効果を持つビッグアイユニットです。
SRですので集めるのが大変ですね。
赤緑ウィニーを構築する上で3枚必須です。
新しくなって、デッキから好きなカードをエネに置けるようになりました。
『大巨人ゴッドファーザーJr』や『スカルジャイアント』を持ってこれます。
どちらも、強力なエネルギーゾーン効果持ちですので、ぜひエネに置きたいカードです。
これを確実に持ってこれるなんて、便利すぎます。

大巨人ユピテル
移動コストが重いです。
パワーと覚醒はビート向けなのに、移動コストがかみ合っていません。
中央投下要員にしても、覚醒は不安定です。

変幻獣バブルキング
覚醒で早いターンに出たら手がつけられません。
その増えたエネで相手はやりたい放題です。
もちろん、終盤のエネ加速も強力です。

大巨人バックス
夢というか、悪いことの出来そうなカードです。
私も、このカードを使ってデッキを組んでいますが、やはり出せれば強力です。
出来るだけ早いターンに出して、使える総エネ数を増やしたいところです。
除去されればおしまいですので、課題はこのカードをいかに守れるかですね。

バイオ・レイク
プラン依存のパワーアップは不安定です。
わざわざ、このカードを使うよりもっと良いパワーアップカードは存在します。
そちらが優先されるでしょう。

ロスト・ワールド
再録カード。
無限コンボからウィニーまで、まさに悪の温床(笑)
『エビアクトレス』もこのカードのせいで制限になったといっても過言ではありません。
プレイではなく、スクエア以外からスクエアに置かれた時にリリース効果が誘発する点が、様々なことに使えるようにしています。

超高速バイオコンピューター
再録カード。
種族を固めたデッキには投入の余地ありです。
特にパワーの低い“アメーバ”デッキには必須カードなのではないでしょうか?

黄金ヶ原
非常に強力なベースです。
展開と同時に、エネを加速できるのも無駄がありません。
1エネでも多く増やして、出来る限りプランを多くめくりましょう。
緑の覚醒デッキの定石だと思います。

パンドラ・エッグ
エネからのリリースIN機能ベースです。
大型をドカンと出すよりは、小型ユニットをポロポロ出したほうがよい牽制になりそうです。

世界樹の風車
パンプ能力と加速付与はかみ合っているのですがコストが重いです。
とても、手札から展開する気にはなりません。
プランに見えてやっと元を取れるカードです。
手札に来た時を考えると採用は難しいでしょう。

バニー・フラッシュ
緑の『ダークサイド・ソウル』。
実質、無コストで手札を増やせます。
手札補充に乏しい緑には救世主です。

獣達の遠吠え
小型ユニットをエネ送りにするのは、メリットよりもデメリットが目立ちます。
エネ送りの除去はここぞというとき以外は使いたくありませんね。
そういった意味で、中々採用は難しいでしょう。
強いて言うならば、『七つの海の王子』対策でしょうか?

深緑の決意
緑で手札を補充できるのはやはり便利です。
手札が枯渇するとエネルギーが余るので、その余剰エネで手札を増やせるのはいいですね。

命の絆
強いのですが、スペースがあるかどうかと言われれば微妙です。
エネ加速は『ウツロイ・ドリアード』や『黄金ヶ原』で十分なのです。
これ以上のエネ加速はいらないでしょう。

アメーバ・タクティクス
再録カード。
墓地回収のない緑にとっては良いカードです。
覚醒もあることですし、より能動的に使うこともできるはずです。

獣王覚醒
種族さえ一致していればどんな大型ユニットでも出すことができます。
相手ユニットに撃って小さく出来るのもgood!!
スクエアに置かれた時の効果を再利用したり、使い道は沢山あります。

呪われた勇者の涙
手札からの使用コストが重く圧し掛かってきます。
バトルタイミングで使いたいのに、プランから覚醒で打ってもそこまでの効果は期待できません。

仲良し宣言
この重さ/ノーマルタイミング/相手もユニットを出せる。
ダメ三拍子が揃っています。
特殊なコンボデッキ以外では使われないでしょう。

深緑の衝撃
少々、劣化した感のある緑門です。
能力自体は上がっているのですが、やはり禁呪が大きいです。
詰めの場面なら、非常に強力ですが条件が限定されています。
もちろん、禁呪が余っているデッキなら頼もしいカードとして投入されるでしょう。

author:nao, category:カード考察, 22:11
comments(0), trackbacks(0), pookmark
スポンサーサイト
author:スポンサードリンク, category:-, 22:11
-, -, pookmark
Comment









Trackback
url: http://progressd0.jugem.jp/trackback/271