RSS | ATOM | SEARCH
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author:スポンサードリンク, category:-,
-, -, pookmark
逝け、天国に!
 お久しぶりです。なまくらです。
管理人のnao同様、私も最近自動車学校を卒業し、晴れて運転免許を手にしました。運転は全然してないですが・・・

今回は白の大型結合ユニット、「ゴー・トゥ・ヘヴン」を使いたくて組んだデッキを紹介したいと思います。
このゴーレムはまた、超カッコイイです。さすがK2商会さん。本当大好き。

似たような構成のデッキを他所でも見ましたが、今回のなまくら仕様のデッキはV-1環境のものです。


               ---  青白  ---

・ユニット
マオ・ロシアンブルー ×3  エネルギー要員。実用性が微妙な分、エネに置きやすいなぁ
                  実用性重視ならエビシルバーだが、持ってない・・・


               ---    白    ---

・ユニット
ゴー・トゥ・ヘヴン ×3   結合4コスト。登場時+敵軍か中央に置かれた時、吸い込み。
解体工メーリ   ×3   急襲1。 スマッシュの代わりに味方を移動できる。
ブル・ショット    ×1  登場時+敵ベースが割れた時、吸い込み発生。
監督官マイア    ×3  白ベースフリーズでリリース移動。勝つとスマ割りorベース割り
待ち構える獅子   ×3  急襲2。スクエアに置かれた時、隣接の敵ユニットを吸い込み。
ワーキシー・ナイト ×3  エネゾーン効果:フリーズすると味方1体のパワーを+1000

・ベース
ソーラービーム・サテライト ×2  破棄でベース割り発動
聖騎士団駐留都市 ×2   ライン上の味方を+1000 & 勝つとスマ割り

・ストラテジー
零号機の福音書  ×3    手札かプランゾーンの「ゴー・トゥ・ヘヴン」をリリースイン



                ---  青 ---
・ユニット
建築家スラシュ・ライト ×2  覚醒:青1+ユニットフリーズ
                   プランから出ると2ドロー1ディスカード

・ベース
裏賭博場     ×3    ライン上の味方を+1000 & 勝つと1ドロー

・ストラテジー
サイバー・チェイス ×3  言わずと知れたドロー操作。山札上から3枚見て1ドロー1プラン
再改造手術     ×3  言わずと知れたドローソース。補給の2ドロー。
無限のミラージュ  ×3  ある意味キーカード。クイックタイミングで味方を動かす。



リストを見ていただければ一目瞭然でしょうが、一応基本的な動きを書いておきます。

 屮粥次Ε肇ァΕ悒凜鵝廚函嵶躪羌,諒_蚕顱廚鬚き集める!
ドローカードはそれなりに入っているので、2〜3ターンのうちに1組は揃えたいですね。
サイバー・チェイスが非常に重要になってきます。


▲悒凜鵑戦える状況を整えておく!
とは言ってもワーキシー・ナイトをエネに置いたり、「聖騎士団駐留都市」や「裏賭博場」を張るくらいのものですが。裏賭博場ライン上のヘヴン様は、吸い込んでバトルに勝ってドロー、というなかなか凶悪なユニットになってくれますからね。ワーキシー・ナイトも補助カードとして非常に優秀です。


2,靴弔屬察
ヘヴン様でガンガン押せば、そうそうサイズ負けすることはありません。中央に居座ってスマッシュを打っていくだけでも良いかもしれないです。その間にも後続のヘヴン様を握っておき、やられたらすかさず再展開。保険に監督官マイアも入ってますので、リリースイン地獄で行きましょう。


このデッキを使う上では、上の戦略以上に、ゴー・トゥ・ヘヴンそのものの動かし方が重要になっています。特に無限のミラージュを使うと、ヘヴン様が無双の働きを見せます。相手のユニット投下を回避しつつ吸い込み、等。
とても面白い動きができますので、他の結合ユニットでデッキを組んでみてもいいと思います。


ちなみにわかりやすいですが、弱点は黒色全般です。確定除去は普通に受けてしまうヘヴン様。
それ以上に、零号機の福音書にスタックして「失恋の痛み」を打たれるとジ・エンドです。スクエアに置かれる前に墓地に行ってしまうという悲劇。これはどうにもならない・・・



と、ここまでで紹介を終わります。改善点等を見つけた方は、ご指摘いただければ嬉しいです。

author:なまくら, category:デッキ集, 21:01
comments(0), trackbacks(0), pookmark
スポンサーサイト
author:スポンサードリンク, category:-, 21:01
-, -, pookmark
Comment









Trackback
url: http://progressd0.jugem.jp/trackback/295