RSS | ATOM | SEARCH
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author:スポンサードリンク, category:-,
-, -, pookmark
草夾竹桃

さまざまなブログを見ていると、どうも『草夾竹桃』を使った無限コンボデッキが流行っているようですね。それも、ネタレベルではなくガチレベルの強さだそうです。

デッキレシピを探し、2chという掲示板で発見しましたが、これは怖い。
組んだことも、戦ったこともないので想像の中ですが、どうしようもないデッキだと思います。

V-1で出たカードが、どうしようもなさに拍車をかけていますね。

ほぼ無限にキーユニットを回収し続ける『錯乱時計パニックヴォイス』
相手のエネルギーを完全に縛ってしまう『変幻獣バブルスカラベ』
自分のエネルギーを2倍にする『大巨人バックス』

バックスの重さも、コスト踏み倒し系統の投入することで楽々解決しています。
それにより、クレバスも出しやすくなっているのが、憎いですね。
無限を止めても、まだ戦えるデッキとなっています。

つまり、このデッキと戦うには、
無限コンボを止めるプレイング & 通常の勝つためのプレイング
をしなければならないのです。

無限だけを意識していると、他の強力なカード達に押し切られます。

無限コンボも、決して狙いがたいものではありません。
むしろ、過去の『草夾竹桃』を用いたコンボよりも狙いやすくなっています。
それは、さきほど上げた3枚の影響でしょう。


では、どうするか……



かなり、壊れたデッキ性能だと思うので、制限等に期待はしたいのですが、それに甘えて思考を停止するのはありえない選択肢です。

出来る限りの対策を見つけたいものです。

安易な対策としては、“スターロード”を用いたものがあります。
エネルギーゾーン効果を、フルに使ったコンボデッキですので、これは効きます。

その中でも、『天魔モリガン』と『天魔マナナン・マクリル』の2枚は最高のメタカードです。
しかしながら、この2枚は、色拘束が白2と強いのです。

白単に近いデッキではなければ投入できません。
投入しても、草夾竹桃デッキ以外のデッキが相手では役に立たないでしょう。
“スターロード”のデッキを組むにしても、他のメタデッキ相手では、少々荷が重いです。

それ以外に、対策としてなるカードとは何でしょうか?
これは、意外と難しい。

草夾竹桃デッキを倒すために重要なことは、
『無限コンボを成立させない』
でしょう。

そのためには、少しでも相手を遅らせることが重要です。
その間に、自分が勝負を決める体制を整えるためです。

そのために確実にしたいのは、序盤の『妖精の社交場』の処理です。
これだけは、破壊したいです。
これがブン回るとどうしようもなくなります。一気にコンボ成立です。

白青には優秀なベース処理カードがありますから、それを投入しましょう。
赤も多少使いづらいですが、ベース破壊カードはあります。
※『王者の証』(スマッシュ増える)『ライトニングホーン・ドラゴン』(重い)

次にしたいのが、キーユニットの処理です。
墓地に送るのではなく、パニックヴォイスで回収されない手段での処理を心がけたいです。

これは、赤・白・緑が担当します。

赤の除外
白のデッキボトム送り
緑のエネ送り(出来れば避けたい)

これを、駆使して回収されないように処理をしたいです。

ただ、これらのメタカードを投入すると、元々のデッキとしても形が崩れやすくなります。
また、根本的な解決とはなりません。
いくら処理をしても限界が来ます。
あくまで時間稼ぎです。
コンボデッキ相手に時間をかけるということは諸刃の剣であるというのは、皆さんご存知の通りかと思います。極論を言えば、コンボなんて決めさせない速度で、勝利をすれば良いわけですからね。

かなり、対応の難しいデッキでありますが、(たとえ対策をしなくとも)頭の片隅においてあるだけでも、勝率は大きく違います。制限になるだろうと甘えることなく、対策を考えることが1番のメタとなることでしょう。



author:nao, category:コラム, 00:33
comments(0), trackbacks(0), pookmark
スポンサーサイト
author:スポンサードリンク, category:-, 00:33
-, -, pookmark
Comment









Trackback
url: http://progressd0.jugem.jp/trackback/299